リスナー 心を読む青い瞳 シーズン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2022/10/06(木) 19:00 第1話 記憶喪失(原題: Lady in the Lake) [字]
  • 2022/10/07(金) 13:05 第1話 記憶喪失(原題: Lady in the Lake) [字]
  • 2022/10/07(金) 18:00 第2話 潜入捜査(原題: Crime Seen) [字]
  • 2022/10/07(金) 19:00 第3話 狙われた政治家(原題: In His Sights) [字]
  • 2022/10/10(月) 12:00 第2話 潜入捜査(原題: Crime Seen) [字]

イントロダクション

  • 人の心の声が聞こえてしまう救命士の物語。

    誰しも一度は思うはず、もしも人の心が読めたなら…
    何故彼にはその才能があるのか? 彼の使命は何なのか…

    トビー・ローガンは有能な救急救命士。そして、彼には他人の心を読む特殊能力がある。長い間その力を隠していたが、人助けをするうちに、自分の能力も人の役に立つと考えるようになる。トビーは、警察に捜査協力し、能力を使って危機に陥った人々を救うが、彼の本当の使命とは一体何なのか…。
    カナダ、トロント発の大人気犯罪捜査ドラマのシーズン2!

    シーズン2では・・・
    シーズン1衝撃のラストでは、トビーの能力の真相を知る行方不明の母親が交通事故に遭い、彼は橋から雪深いふもとに母の車が突っ込むフラッシュバック映像を見る。相棒のオズと元恋人オリビアの助けを借り、雪に埋もれたその車を見つけるが、車内に母親の姿はなく・・・。そして遂に、トビーはオリビアに自分の能力の存在を打ち明ける。

    今シーズンでは、救命活動中に助けた女性の事件をきっかけに、カナダ警察局の統合捜査局(IIB)巡査部長で捜査官のミシェルと出会う。彼女はトビーの不思議な能力が捜査の役に立つ事に気づき、協力を依頼。新たなキャストを迎え、今シーズンも救急救命士のトビーが、相棒のオズとともに様々な事件に挑んでいく!

    ★見どころ★

    ① 主演クレイグ・オレジニクが直々に呼びかけ、全世界で番組存続を求めるオンライン署名運動が勃発!世界が待ち望んだシーズン2!
    シーズン1終了後、主人公トビー役を演じるクレイグ・オレジニクは日本のファンに向けメッセージを発信。「日本では世界最速放送や邦題募集キャンペーンなど、反響も大きかったと聞き、とても喜んでいます。そこで、シーズン2を是非見たい!という声を、現在大募集しています。」というクレイグの言葉に応えたオンライン署名運動は、日本をはじめ世界各国に拡大!世界中の熱烈なファンからの声援により実現した待望のシーズン2!


    ② 母親の行方不明の真相とは?大切な人々との別れを通し、彼と周囲に大きな変化が…
    トビーの能力の秘密を知る行方不明の母親。依然として謎の真相は分からないまま、元恋人オリビアとの別れや、固い絆で結ばれてい刑事チャーリーの殉職など、つらい出来事を経験したトビーの心はとても複雑な状態にあった。そんな中、シーズン2では彼の前に新たな刑事、統合捜査局巡査部長のミシェルが現れる。チャーリーの死により能力を活かす場を失っていたトビーだったが、ミシェルの依頼により、再び人を助けるという使命に駆られることに。しかし、能力を使い過ぎたトビーの体は次第に悲鳴をあげ、危険信号を出し始める…。


    ③ シーズン2は新キャラクターが続々登場!!
    2009年にカナダ版エミー賞と称される“Leo Awards”にて助演女優賞(『Helen(原題)』)を受賞したローレン・リー・スミスが、今シーズンでトビーと大きく関わる統合捜査局巡査部長、ミシェルとして登場。ミシェルの同僚、デヴ・クラークIIB捜査官を「スターゲイト:アトランティス」のレインボー・フランクス、そして専属弁護士でコンサルタントのアルヴィン・クライン役はピーター・ステッビングスが熱演する。他にも、オリビアの同僚で医者のサンディ(タラ・スペンサー・ナイアン)など、今シーズンは新たなキャラクターが続々登場!


    ④ 様々なテレビドラマで活躍するゲスト出演陣!
    #1 - レカ・シャーマ (「バトルスター・ギャラクティカ」トリー・フォスター役)
    #7,13 - クリステン・ホールデン=リード (「TUDORS」) / #8 - ヤニック・ビッソン (「マードック・ミステリー」)
    #9 - アーロン・アシュモア (「ヤング・スーパーマン」、「ヴェロニカ・マーズ」)、デヴォン・ボスティック (「ビーイング・エリカ」)