グッド・ワイフ シーズン5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 終わりへ向かう道(Everything Is Ending)

    密かに独立準備を進めるアリシア。殺人の無実を主張する人物の死刑を延期させ、上訴のために奔走する。
    一方、イーライはイリノイ州倫理委員会の役員の美貌を警戒する。
  • 第2話 口外禁止命令(The Bit Bucket)

    チャムハム社に「国家安全保障局(NSA)からの口外禁止命令をどうにかしたい」と依頼され、アリシアはNSAを訴えることに。
    だがNSAはこのやりとりを盗聴していた。
  • 第3話 代理母の選択(A Precious Commodity)

    アリシアがアイゼンスタット夫妻と、彼らに代理母として雇われた女子大生タラの代理人を務める中、胎児に重度の先天異常が見つかる。
    それをめぐり、夫妻とタラは対立する。
  • 第4話 わき起こる疑惑(Outside The Bubble)

    パラリーガルのクリッシーが事務所を訴える。弁護を担当するのはヴァイオラ。概ねダイアンへの嫌がらせだった。
    一方ダイアンはアリシアらが独立を画策しているのに気づく。
  • 第5話 波乱の幕開け(Hitting The Fan)

    ダイアンにアリシアの独立を聞いたウィルは、裏切ったとして彼女を責め立てる。そこからクライアントをめぐる激しい攻防が始まる。
    両者の狙いは大口のチャムハム社だった。
  • 第6話 新しい朝(The Next Day)

    L&Gのクライアントが代理人にアリシアたちを指名。その案件の資料の引き継ぎをウィルたちはわざと遅らせる。
    そんな中、ダイアンは最高裁判事への道が危ういことを知る。
  • 第7話 対立の日々(The Next Week)

    殺人事件をめぐりウィルたちが奔走する中、L&Gは養子縁組での弁護過誤で訴えられる。
    一方、アリシアは自分のパソコンのウェブカメラが遠隔操作されていることを知る。
  • 第8話 最初の依頼人(The Next Month)

    ナタリーがTシャツ工場にオフィスを構えたフロリック・アゴスへ。
    アリシアは凶悪犯に不利な証言をするよう迫られる不法滞在者の代理人となり、一方、ロビンは窮地に陥る。
  • 第9話 それぞれのゲーム(Whack-A-Mole)

    アリシアに中東系の大学教授から、爆弾テロ事件でFBIに疑われていると電話が入る。
    一方、ウィルは人員強化のため、マフィア専門の型破りな弁護士ダミアンに目をつける。
  • 第10話 遺言状(The Decision Tree)

    アッシュボー氏の遺言状が見つかり、2400万ドルの半分がアリシアに譲られるという。それは無効だと訴えるウィルとダミアン。
    一方、カリンダはダミアンの罠にハマる。
  • 第11話 大逆転を信じて(Goliath and David)

    パーティの演奏を頼んだバンドから、テレビ番組にカバー曲を盗まれたことを相談され、アリシアたちは代理人となり訴える。
    だがウィルが相手側につき、2人の心理戦となる。
  • 第12話 ダブル陪審裁判(We the Juries)

    ブラジルから薬物を密輸したとして、カップルが同じ法廷で裁かれる。アリシアらは男性側を、ウィルたちは女性側を弁護する。
    しかしそのダブル審判は最初から大もめとなる。
  • 第13話 運命の境界線(Parallel Construction, Bitches)

    麻薬の大量所持でビショップが起訴され、顧問弁護士のレスターとともにアリシアらが審問に出席。
    その後、事務所のスタッフしか知りえない情報が漏れていることが分かる。
  • 第14話 言葉の裏に(A Few Words)

    弁護士協会の基調講演の準備をするアリシア。一方で、有能な弁護士のスカウトを試みる。
    そんな中、汚職調査局員がピーターの不正選挙について証言するようウィルに迫る。
  • 第15話 張り詰めた法廷(Dramatics, Your Honor)

    ウィルは、女子学生殺害の罪で起訴された大学生の裁判で、無罪を立証できずにいた。
    一方、アリシアは汚職調査局員に不正選挙の証言を迫られ、ケイリーを弁護士として雇う。
  • 第16話 最後の通話(The Last Call)

    アリシアはウィルの訃報を聞く。事務所へ戻ったダイアンは皆にウィルの死を伝える。
    アリシアはウィルから留守電が入っていることに気づくが、用件は分からなかった。
  • 第17話 物質に満ちた世界(A Material World)

    ダイアンがアリシアに合併を提案する。その話はすぐにデヴィッド・リーの耳に入る。
    一方、ウィルを射殺したジェフリーの父親が州検事局を不当起訴で訴えたいと相談に来る。
  • 第18話 隠された思惑(All Tapped Out)

    ヘイデンはダイアンから合併の話を聞き、ケイリーに報告。アリシアから何も聞かされていないケイリーは驚く。
    一方、デヴィッド・リーはケニングとの合併話を進めていた。
  • 第19話 ゆがんだ絆(Tying the Knot)

    アリシアは書類にサインをもらうためスウィーニー宅を訪問。
    そんな中、イーライから電話で、息子ザックがマリファナを持っている写真がネットに上がっていると聞かされる。
  • 第20話 顔の見えない犯罪者(The Deep Web)

    アリシアは陪審員の面接で、ダニエルという男性と知り合う。
    一方、ダイアンの旧友の孫が、違法なものを扱う闇サイト「シルクロード」の運営に関わったとして尋問を受ける。
  • 第21話 1パーセントの人々(The One Percent)

    アリシアは、不当解雇で訴えられたペイズリーの弁護士として、相手側のケニングと和解交渉をする。
    一方、州検事戦でフィンを推すピーターに、カストロがある写真を見せる。
  • 第22話 奇妙な年(A Weird Year)

    L&Gがテレビ会議のカメラを切り忘れ、彼らの内輪話が筒抜けに。
    アリシアらは、デヴィッド・リーが「フロリック・アゴスは48時間で潰れる」と言うのを聞き、調べ出す。